Techbook編集部

コカ・コーラ

雑誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」で読んだ「クラウドカルチャー:SNS時代のブランド戦略」という翻訳論文は印象的でした。

筆者は、文中で「群衆が何に熱狂するのか?」という疑問に対して、商品(例えばコカ・コーラ)自体ではなく、ブランドを取り巻く文化に群衆は熱狂するのだと説いています。

確かに「翼を授ける。( Red Bull Gives You Wings)」で有名なレッドブルも、街中で綺麗なお姉さんが配っていたり、名前が冠されたレースがあったり、刺激的な動画コンテンツだったり、そのすべてに熱狂的なファンがいるわけで、決してレッドブルの味や香りや飲み心地だけに熱狂しているわけではないのだなと、個人的には妙に納得してしまいました。

2016年、コカ・コーラパークというコカ・コーラが運営していたオウンドメディアが終了したという出来事がありました。

大きな予算が動いて、様々な仕掛けを展開していたと思うのですが、それでも「継続しない」という一つの決断がなされたことは、裏側でどのような葛藤があったのかと興味を持ってしまいます。

ただ個人的には、(コカ・コーラパークが終了した理由はわかりませんが)オウンドメディアが成功する一つの解はコミュニティにあると僕は思っています。

では、コミュニテイとはなんだ?の答えは、C BIBLEにおいてはちっとも実現できていないので、これから少しずつ解明していきたいと思っています。よろしければ、どうぞお付き合いくださいませ。

文/清水拓也

最後に:もしよかったら、ぜひFacebookファンになってください!