Techbook編集部

人と企業は

「人と企業はどこで間違えるのか?」という本の第1章は、フォード・モーター社がしたエドセルの大失敗が書かれています。

多額の資金を使って市場調査をして、大々的に売り出したものの、エドセルは全然売れませんでした。という話です。

企業のサクセスストーリーではなく、失敗のストーリーが丁寧に書かれているので、(ああ、こうして人と企業は間違えるのかと、タイトル通りのことがわかります。)

さて、何がいけなかったのか?と考えた時に、マーケティングとイノヴェーションがキーワードになるのでは?と考えました。

ネスレ日本の高岡 浩三氏いわく、マーケティングとは「顧客が抱える問題をいかに解決するか」です。

ではエドセルは、顧客が抱えるどんな問題を、どのように解決しようとしたのでしょうか?

スティーブ・ジョブズは、いわゆる市場調査のようなマーケティングをしなかった一方で、テクノロジーによるイノヴェーションで、顧客の心を捉えました。

しかし、エドセルはイノヴェーションを起こすこともできなかったようです。

本書を読むとわかりますが、エドセルを「売るため」にたくさんの資金が使われます。

顧客の抱える問題を知ることができず、解決を提案できず、イノヴェーションを起こせず・・・ただ「売るため」に頑張った人と企業は、こうして失敗するのだと教えられた気がします。

文/テックブック編集部

毎日。テクノロジーやデジタルマーケティングetc.をテーマに。


Techbook ?

GO

テックブックは、 一緒に成長できる仲間を募集しています。
テックブック(Techbook)にまつわる3つのこと