Techbook編集部

テックブック

バナーブラインドネス問題でも知られているように、多くのバナー広告は無視される。

さらに、バナー広告のクリック率は一般的に、0.1%から高くても数%だ。

ちなみに以前読んでおきたい海外ブログとしてご紹介したMoz Blogには、こう書いてある。

The click-through rate of that first banner ad in 1994 was 44%. CTRs have steadily declined, and were sitting at around 0.1% in 2012 for standard display ads.

出典:Moz「Click-Through Rate Isn’t Everything: 8 Ways to Improve Your Online Display Ads

1994年に44%だったクリック率が、たった20年弱の間に、0.1%程度まで落ちていると書いてある。

バナー広告のクリック率は大幅に落ちている。これは間違いない。

しかし、現在でもバナー広告が有効な場合はある。

それは、顧客がすでにその商品・サービスを欲しいと思っている・・・ないしは、その商品・サービスが解決してくれる課題を、課題だと認識している。そういう状況だった場合だ。

バナー広告は、顧客の顕在化したニーズに対して、見た瞬間に訴えることが勝負といっても過言ではない。

さて一方で、コンテンツは違う。

テキストコンテンツは(内容が良ければ)しっかりと読み進めてもらえるし、スクロールしてくれる間は、しばし一緒の時間を共有できる

動画コンテンツの場合は、しっかりと最後まで観てもらえる。

その「一緒の時間」が、顧客に何かの「気づき」をもたらして、潜在的なニーズに訴えかけられる可能性がある。

バナー広告のように、顕在化したニーズを瞬間的に捉える瞬発力はないが・・・。

コンテンツは、まだ顧客が自覚していない潜在的なニーズを顕在化させることができる。

テックブックは、クライアント様の商品・サービスを潜在的に欲しいと思う顧客に対して、コンテンツで何かの「気づき」を届ける・・・そのようなお仕事をしている、と言い換えられるかもしれない。(本日もご一読いただき、ありがとうございます。)

文/テックブック清水拓也


Techbook ?

GO

テックブックは、 一緒に成長できる仲間を募集しています。
テックブック(Techbook)にまつわる3つのこと