Techbook編集部

マーケティングだ

昨今、デジタルマーケティングの世界で、リードナーチャリングという言葉をよく聞くようになった。

リード顧客、つまり見込み顧客に対してメールなどでアプローチすることで、信頼関係を構築していくことを指している。

「信頼関係を構築する」と言っているのに、「アプローチする」とだけ書くと少し違和感がある。

実際は、顧客から企業に対してアプローチする場合もある。

それは、顧客がインターネットで企業、あるいは製品について調べる時だ。

ブリュードッグの創業者ジェームズ・ワットは、著書「ビジネス・フォー・パンクス」でこんなことを言っている。

マーケティング活動は、自分を含むチーム全体の言動の集大成だ。何を、どう話すかもマーケティングになる。互いがつながり合ったデジタル時代には、会社が何をしようが、すべてがマーケティング活動になるのだ。

インターネットが存在しなかった時代は、人々は直接会ったり、電話をかけたりして、少しずつ相手のことを知っていった。

しかし、今や、こうして私がパチパチとMacのキーボードを叩いてつくる言葉たちも・・・「何をどう話すか」も、マーケティング活動だと言うのだ。

ジェームズ・ワットはさらにこう続ける。

会社について伝えようとする行動は一つ残らずすべて、最後には自分自身のブランドとなり、それはまた、世の人々がブランドに抱くイメージを左右する。

あなたが、企業に何かを頼みたいと思った時、おそらく「どんな企業なんだろう?」とインターネットで検索すると思う。

その時、行き着いた先にあるのはコーポレイトサイトだったり、あるいは会社のブログだったりする。

その時、コンテンツ(動画・写真・文章etc.)が、何らかの形で顧客との信頼関係の構築や、ブランディングに貢献できたら、それは素晴らしいことだと思う。

今、多くの企業がメディア企業へと姿を変えつつある

人々は、意識的にも無意識にも、コンテンツを通じて企業のことを知るからだ。

「すべてがマーケティングだ」

ジェームズ・ワットの言葉を胸に・・・。

私たちも日々、積み上げていく言葉たちを通じて、少しでもあなたとの距離を近づけられたら嬉しく思う。

文/テックブック清水拓也

こちらもどうぞ!
ビジネス・フォー・パンクス!ブリュードッグ創業者の刺激的な6つの言葉

毎日。テクノロジーやデジタルマーケティングetc.をテーマに。


Techbook ?

GO

テックブックは、 一緒に成長できる仲間を募集しています。
テックブック(Techbook)にまつわる3つのこと