Techbook編集部

テレビCM

デジタルマーケティングと言えば聞こえはいいが・・・。

私はWeb広告をメインにマーケティングプランを考えた経験こそあれど、もっと大きな枠組みでマーケティングを捉えて実行した経験はない。

だから、プランナーとしてTV CMや新聞といった媒体も含む、マーケティング全般を扱う方々の話を聞くと、また違った視点を持つことができて勉強になる。

・・・最近とある方からテレビCMの話を聞くという経験をした。

Oさん「企業はなぜテレビCMをなぜ流すのか?という疑問を持ったことはありますか?」

T(私)「CMを流せば、売れるからじゃないですか?」(簡単に考えすぎか・・。)

Oさん「そう・・・だと思うのですが、実際のところはわからないですよね。」

T「・・・。」(CMを見て商品を買ったかどうか・・・。実際の効果はわからないか・・・。)

最近は事情もだいぶ変わってきましたが、と前置きして、Oさんはこんなことを教えてくださった。

Oさん「あれ、コンビニに置いてもらうためっていう理由もあるんです。」

T「あ・・・。ん?」

Oさん「わかります?モノによりますが、商品をコンビニの良いところに陳列さえしてもらえば、売上が上がるんですよ。

だから営業マンは、どうすれば置いてもらえるかを考えますよね?

で、その答えの一つ、なんですが、テレビCMを流すと置いてもらえるんです。」

T「そうなんですか?」

Oさん「だって考えてみてください。コンビニの方も、商品を置くか置かないかを何で決めたらいいか迷いますよね?」

T「確かに・・・。」

Oさん「この商品は、テレビでCMを流しますよ!と営業マンに言われれば、売れそう、置いた方がいいのでは?って思いますよね、きっと。」

T「・・・。」

Oさんの話は私にとって衝撃的だったが、少し考えればわかることだが、確かにそうだ。

いくらWebが広まったとはいえ、今なおテレビCMの効果は絶大なものがある。CMが流れるだけで、世の人の脳内にブランドがインプットされる。

「テレビCMを流す」というだけで、コンビニの陳列を決める理由になるとしても驚かない。

企業がなぜテレビCMをなぜ流すのか?

・・・今まで深く考えたことはなかったが、改めて考えさせられた。

文/テックブック清水拓也

毎日。テクノロジーやデジタルマーケティングetc.をテーマに。


Techbook ?

GO