Techbook編集部

マーケター

ちなみにOさんは、テレビCMの話の後、別の話の最中にこう言った。

Oさん「みんなの頭の中に何があるんだろう?と考えるのがマーケター。僕はそう思っています。

逃げ恥、流行ったよね?だから、多くの人の頭の中には逃げ恥の残像があるんだよね、きっと。

だから、その残像に合わせて、例えば家事代行のような似たテーマで何かを届けるか、あるいは真逆を行くか・・・みたいなことを考えています。少なくとも僕は。いっつも。」

マーケティングって何だろう。マーケターの仕事って何だろう。・・・。

今まで私が、そんなことを考えた時に参考にしたのは、ネスレ日本の高岡氏や、フィリップ・コトラー氏が仰る「マーケティングとは顧客の課題解決」だった。

だから「マーケターの仕事は顧客の課題解決」で、これは(本質的で難しい!)と思いつつも、しっくりと来る気がしていた。

「みんなの頭の中に何があるんだろう?と考えるのがマーケター」

「顧客が誰か?」とか、何のマーケティングをするかによって話は変わるが、しかし、これもまたマーケターの仕事の一つだと思った。

今の時代、今のタイミング、今世の中で起こっている出来事から、「みんなの頭の中に何があるんだろう?」と考える。

「考えたって答えが出るわけじゃないけどね」と笑ったOさんは、「マーケター」なのだと思った。

(皆さんは、どう思いますか?)

こちらもどうぞ「企業はなぜテレビCMをなぜ流すのか?考えもしなかった理由とは

文/テックブック清水拓也

毎日。テクノロジーやデジタルマーケティングetc.をテーマに。